銀行カードローンの金利を徹底比較!

銀行カードローンは、消費者金融のカードローンと比較すると、金利は低くなっています。その理由は、保証会社が債務を保証するため、貸し倒れのリスクがないことがあります。保証会社は債務者が返済できなくなった時に代わりに払って、それを債務者に九勝する形になります。無担保ローンではありますが、実質的に担保があるようなものです。その代わり、保証会社も簡単に審査を通してしまうと回収できなくなるため、審査基準は消費者金融系と比べると厳しめです。
銀行カードローンの金利を比較すると、一番低いのがみずほ銀行のカードローンの中のエグゼクティブプランというものです。最高利率が7パーセントと、一けた台に設定されています。ただ、これは一般的なカードローンとは趣向が異なっているサービスです。融資額が200万円以上で、最大1000万円までの枠を設定してもらえるものです。そのため、単に他と比較して金利が低いといっても、一般的な収入の人は利用するのは難しいです。その他にも一けた台の利率になっているものはありますが、それも同様の傾向です。
一番現実的なもので、なおかつ他と比較しても利率が低いのが、ソニー銀行とイオン銀行のカードローンです。これらは、ともに最大利率が13.8パーセントです。なおかつ、上述のサービスとは異なり、100万円未満の融資を受けることも可能となっています。したがって、一般的な収入を有している方は、この両者のカードローンはねらい目です。
三井住友銀行カードローンの特徴と審査はこちら

モビットで遅延を起こしたら

キャッシングを長く続けていると、返済日を忘れていて返済日が過ぎていたということがあります。

キャッシングは契約で返済日をお互いが了解のうえで決めた日までに返済をしなければなりませんがモビットで遅延などを起こしたときはどうなるのでしょう。

モビットの返済日は自分で決められますが、いつでもよいということではなく5日、15日、25日、月末の中から選ぶことになり、初回の返済日は借入した日によって変わってきます。
たとえば5日を返済日と決めた場合、1日から19日の間に借入をしたとすると借入日の翌月の5日まで、20日から月末に借入をした場合は翌々月の5日までに返済するということになります。
このきめた返済日から遅れるとモビットから状況確認の電話がかかってくる可能性もあります。
よく遅延を起こすと信用情報の個人情報に遅延があったことが記載され、ブラックになるというように言われますが、1度や2度の遅延は誰でもあるので、どこのキャッシング会社でもいきなりそのようなことは書きませんが、何度も繰り返すとブラックになる可能性があります。

また、ついうっかり返済日を忘れていたときなどもモビットからの連絡を待たずにこちらから電話を入れましょう。
モビットには相談窓口もあるので、こちらから電話を入れれば親身になって考えてくれるはずです。
ただ、遅延を起こした場合は、遅れた日数分だけ遅延損害金が発生し、無駄な金利を払うことになるので遅延はできるだけ避けましょう。

外国人でも必要書類が用意できればプロミスで借り入れができる

お金が必要になる時があるのは日本人に限ったことではありません。
同じ日本に住んでいる以上、同じように外国人の方にもお金が必要になるタイミングがあるでしょう。
いえ、日本人以上にお金が必要なタイミングが多くなる傾向にあるとすら言われています。
原因は物価の違い。
当然日本とは物価の違う国で生活をしてきたのですから仕方のないことです。
物の感覚が違い、金銭の感覚が違う。
どれが適正価格でどれが高額なのか、そして安いのかを知るチャンスにまだそれほど恵まれていないために起こり得ることです。

プロミスでは外国籍の方も必要書類が用意できれば借り入れをすることができます。
20歳以上69歳までの年齢であること、安定した収入があること。
これが必要最低限の条件になりますが、それ以外に本人確認書類は必要になります。
運転免許証か健康保険証、パスポートのいずれかを用意しましょう。
そして外国籍の方は在留カードか特別永住者証明書が必要になります。

ただしお金の価値観が違うために起こってしまった現在の状況であれば、お金を借りることについても真剣に考えなくてはなりません。
借りたお金は返さなくてはならず、借りた金額だけを返すわけではありません。
そこには利息といういわゆる手数料のようなものがあり約束をした月に一度の返済日には必ず返済をしなくてはなりません。
複雑なものではなく単純なルールです。
しかしそれを把握していなければ日本でお金のトラブルに発展する可能性はあるのです。
プロミス金利はどうなってる?実際に借入した時の利息は?はこちら

カードをもっていなくても、即日融資って可能なの?

カードローン おすすめは、まだカードを持っていない場合であっても、条件を満たせば即日融資が可能なところが多いです。まず、そもそもの前提として、即日融資可能と宣伝しているところを利用する必要があります。そのような業者は、審査が早いため、最短でその日のうちにお金を受け取ることができます。そして、そのための具体的なルートは、電話やインターネットでの申し込み、店頭や無人契約機での申し込みがあります。後の二者は、審査後その場でカードが発行されるため、お店が開いている時間帯、機械が稼働している時間帯に契約が完了すれば、即日借り入れができます。
一方、前二者は、直接カードをその日のうちに受け取れませんが、銀行振り込みの方法ならばその日のうちにお金を送ってもらうことができるため、即日融資可能です。ただし、こちらの場合には、銀行の営業時間との関係で制約があります。銀行は、振込が当日扱いにする時間が3時までとなっています。したがって、当日扱いに間に合わせるためには、それよりも早く契約を終わらせなくてはなりません。実際には契約完了後、振込の手続きをする時間などもかかりますので、大体は午後2時くらいまでに契約を終わらせる必要があります。無事間に合えば、その日のうちに振り込みをしてもらえます。
以上のように、カードローンは様々なルートで契約をすることができますが、いずれのルートであっても即日融資を受けられる可能性があります。したがって、その日のうちにお金が必要な方は、即日対応のカードローンを選びましょう。